MENU

AGAに亜鉛は効果あるの?副作用は?

AGAに亜鉛は効果的なのか?

 

そもそも何故に亜鉛が薄毛や抜け毛に効果があるとされているのか?

 

理由

 

髪の毛の90%を占めるケラチン合成の役割を担う効果がある
逆に亜鉛が体内に不足すると、髪が生成できない状態になります

 

また5αリダクターゼ酵素を抑制する働きもあります
この5αリダクターゼ酵素は抜け毛の原因なので、亜鉛は抜け毛対策に効果があると言えます

 

 

次にAGAにおける亜鉛の副作用はどうなの?

 

・AGAに対する副作用というよりは、亜鉛を摂りすぎたことによる副作用があります

 

亜鉛を1日100mg以上長期で摂取すると
嘔吐、吐き気、脱水症状、発熱、倦怠感などの副作用があります

 

また、亜鉛は銅の吸収をさまたげたり、排出する働きがありますので
さまざまな副作用の可能性が高まります

 

過剰摂取によるリスクを理解して適切な量を摂るようにしましょう

 

ちなみに

厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準(2010年版)」では

 

亜鉛1日の推奨量は成人男子で12mg、成人女子で9mgとなってます

 

 

 

抜け毛と薄毛改善に亜鉛の摂取は必須です

 

亜鉛サプリだけを飲んでも抜け毛や薄毛改善にはなりませんが
亜鉛を摂取することは必須です

 

何故なら亜鉛は食事でとったタンパク質を髪に変える働きをするので
成長促進、AGA改善など効果はとてもあるからです

 

普通に生活していると亜鉛は不足しがちになります

 

亜鉛が不足すると起こる症状

 

?抜け毛が増える
?髪の成長が遅くなる
?白髪が増える
?髪が細くなり元気がなくなる

 

 

亜鉛が不足すると上記のような症状が現れます
自身の髪のコンディションで当てはまるモノが多いと不足している可能性が高いです

 

 

効果を高める亜鉛の摂取方法

 

?他の髪の栄養・毛母細胞を活性化させる成分・AGAを改善する成分
この3つを意識した摂り方をしましょう!

 

 

このような感じで亜鉛を摂取すると、抜け毛・薄毛改善の効果が高くなり、
健康な髪が生えてくる感覚を体験できると思います

 

 

さらに他の成分と一緒にとるメリットとして、亜鉛の吸収率を高めることがあります

 

亜鉛だけでなく栄養素は、単体での吸収率は低いので、
単体のサプリだけで摂った場合には吸収率が低くなるんです

 

なので、さまざまな栄養や成分と一緒に亜鉛を摂取すると、
吸収率が上がるので効率がいいです

 

以上がAGAに亜鉛は効果あるのか副作用は?についてでした

 

AGAに亜鉛の摂取量はどれくらいで効果あり?

AGAに亜鉛の摂取量はどのくらいが適正なのでしょうか?
そもそも亜鉛はAGAに効果があるのでしょうか?調べてみました。

 

まず亜鉛は、髪の毛の主成分である、
ケラチンを合成するために必要な栄養素とされています。

 

つまり亜鉛の摂取量が極端に少ないと、
髪の毛の成長に影響を与えることになります。

 

ただ無理なダイエットや食事制限などしない限り、
普段の食生活で摂取量が極端に少なくなることはありません。

 

現在薄毛の原因となるAGAに、
亜鉛も効果があることが分かってきています。

 

つまり亜鉛の摂取量を増やすことによって、
AGAの進行を遅らせることができるということです。

 

では実際、AGAに亜鉛の摂取量はどれくらいがよいかですが、

 

AGAを意識しない場合は、男性で1日12mg程度の摂取量ですが、
AGAのためには、1日20mg〜30mgほど必要と言われています。

 

摂取量が、20mg〜30mgとなると、
豚レバーなら約400g、牡蠣なら10個程度
かなりハードルは高くなっています。

 

豚レバー

 

通常の食事では毎日となるとほぼ無理なので、
多くの薄毛に悩む人は、サプリを愛用しています。

 

ちなみに私は海乳EXというサプリを飲んでいます。

 

海乳EXの公式サイト
http://kainyu1.pa-re.info/

 

1日2粒で亜鉛が12mgも摂れるので、
海乳EXと食事で、
1日20mg〜30mgの摂取量はカバーできています。

 

以上、AGAに効く、亜鉛の摂取量についてでした。

 

AGAに亜鉛とノコギリヤシの併用が良い?

AGAに亜鉛とノコギリヤシを併用すると効果があるというのは本当なのでしょうか?
調べてみました。

 

亜鉛とノコギリヤシといえば、
両方ともAGAに効果があることで知られています。

 

まず、亜鉛はタンパク質を髪の毛にする働きの一部を担っているとされています。
また5-aリダクターゼという酵素の働きを抑制する力があります。

 

この5-aリダクターゼは、テストステロンと合体することにより、
薄毛の原因であるジヒドロテストステロンに変化します。

 

つまり、亜鉛はAGAの原因の一つのジヒドロテストステロンを
増やさない力があるのです。

 

またノコギリヤシも同様に5-aリダクターゼを抑制する力があります。

 

ノコギリヤシ

 

さらにノコギリヤシは体の健康(特に男らしさ)を保つのにも効果があると
昔から言われているので、一石二鳥ですね。

 

亜鉛とノコギリヤシは5-aリダクターゼを抑制するという共通の働きがあるので、
それぞれ別々に摂取するのも良いですが、
併用することでさらにAGAに効果が期待できますね。

 

以上、AGAに亜鉛とノコギリヤシの併用が良いかについてでした。